読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tail my trail

作るのも使うのも、結局は、人なのだ

OS boot/shutdown時に自動でZabbixのホストのステータスを変更する

Zabbix AWS

tl;dr

OS 起動・停止時にZabbixのホストのステータスの有効・無効を切り替えるサンプルプログラムを書いた。

uorat/zabbix-host-controller - Github

前置き

クラウドを使うことのメリットの一つに、リードタイムなくサーバの稼働数を柔軟に制御できる点がある。 例えばAWSの場合、AutoScalingを使ってシステム負荷などに応じてサーバを動的に生成・削除できる。 AutoScalingが要件にあわなければ、あらかじめ作成しておいたEC2に対してAPIでサーバの起動/停止を制御できる。

必要なリソースを必要なタイミングで調達し稼働させることでコストメリットを受けられるし、システムキャパシティを拡げ可用性を上げることができる。

ただ、運用まで見据えると、考慮しておくべきことが幾つか出てくる。 その一つが監視で、動的なサーバの増減、up/downに対して監視をどのように追従させるかがポイントとなる。

増えたものは監視したいし、スケールインしたことにより正常に止まった・消えたものは監視を止めて良い。 検証環境も、営業時間内は監視しておきたいし営業時間外は止めるから監視したくない。 ただし、スケールインしていないにもかかわらず疎通不可になっただとか、プロセス障害だとか、そうした異常なステータスは検知したい。

今回のお題

サーバの稼働数をアプリケーション側で制御するようなシステムがある。 この監視 (Zabbix) の有効・無効を自動で切り替えてみる。 イメージはこちら。

f:id:uorat:20160615114836p:plain

アプローチ

ZabbixはAPIが提供されている。

17. API - Zabbix Documentation 2.4

host.get や host.create, host.update などホストの情報を参照したり、作成・更新できるので、これを活用すれば良い。

※Zabbixの 「メンテナンス」機能は、計画的な起動・停止でないと使いづらいことと、設定後対象のホストが実際にメンテナンスになるまで数十秒程度のタイムラグが発生することから、要件にマッチしないので今回は扱わない。

監視の有効・無効のタイミングは、以下の決めとする。

  • OS boot時: 監視を有効化
  • OS shutdown時: 監視を無効化

kernel panicを起こしたり、プロセス障害が発生したり、突如疎通不可になった場合は検知するが、shutdownが走った時は正常停止とみなし監視を無効化する。 つまり、runlevelに応じて監視を制御できるようにする。

実装

Zabbi APIは仕様が非常にシンプルなので、サードパーティのラッパーは使用せずにそのまま直で実装する。 Zabbix API は以下のような仕組みとなる。

  1. user.login で auth ID
  2. auth ID を使って後続のAPIを実行

軽く書いてみた。ソースは以下。 (CentOS6 / AmazonLinux 動作確認済み)

uorat/zabbix-host-controller - Github

スクリプトは単純明快なので中身の細かい説明は割愛するが、 zabbix_module.py の中で loginやhostidの取得、ステータスの更新を行う関数を定義してあり、 zabbix_enable.py と zabbix_disable.py でこれらの関数を呼び出している。 bin/zabbix_config.py 内にZabbixの接続情報を定義できるようにしてあるので、環境にあわせて変更する。

あとは、起動スクリプトでこれらのスクリプトを実行するようにして、chkconfigでサービス登録すれば良い。 起動スクリプトは example/zabbix-host-controller.init を使えば基本的にそのまま動くはず。 これで、サーバが立ち上がるとZabbixのホストステータスが有効になり、シャットダウンすれば自動で無効化される。

手動実行するとこんな形。

$ /etc/init.d/zabbix-host-controller start
   => host: your-host01, hostid: 11407, status: 1
   => status update : hostid: 11407, result: True
   => host: your-host01, hostid: 11407, status: 0
zabbix-host-control start: [OK]
$ /etc/init.d/zabbix-host-controller stop
   => host: your-host01, hostid: 11407, status: 0
   => status update : hostid: 11407, result: True
   => host: your-host01, hostid: 11407, status: 1
zabbix-host-control stop: [OK]

まとめ

割とシンプルに実現できるので、お試しあれ。 上記のコードは、既にZabbixに登録されているホストの有効/無効しかできないので、 気が向いたら初期登録やテンプレートの設定、スクリーンへの追加なども対応させて、AutoScalingに追従できるようにするかも。