読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tail my trail

作るのも使うのも、結局は、人なのだ

Ansible入門&ハンズオン資料を公開しました

Ansible

少し時間が経ってしまいましたが、 先日Ansible入門というイベント でAnsibleの説明とハンズオンをする機会を頂きました。 資料は SlideShare に公開しているので、これからAnsible始めたいという方はご参考にしていただければ幸いです。 資料の後半にハンズオン用の題材があり、Playbookの例はGithubに公開しています。

概要

Ansibleに興味がある未経験者〜使い始めた or 別の構成管理は使ったことがあるくらいのAnsible初心者をターゲットとし、受講後自走できるようにという思いで作りました 資料自体は、「構成管理とは」「なぜやるのか」という導入から始まり、Ansibleの世界観や登場人物をざっくりと説明しています。 読めばキーワードがざっと入って脳内インデックスができ、一時間半程度のハンズオンを経ればある程度勘所はつかめるようになるので、あとは公式ドキュメントなど見ながら自主学習してね、というスタンスの資料です。 ハンズオンは計3つです。

  1. 基礎編
    1. yumモジュールでパッケージインストール
    2. templateモジュールでバナーファイル作成
    3. yumモジュールでNginxインストール、serviceモジュールでNginx自動起動 (serviceモジュール実行時のdry-run時のエラーは無視する)
    4. copyモジュールで静的ページを配置
  2. adhoc編
    • ansibleコマンドでadhocにshellモジュールを実行する
  3. 応用編
    1. shellモジュールを活用してEC2 instanceにスワップ領域を追加する
      • register使って冪等性ちゃんと担保すること
      • スワップファイル作成は fallocateコマンドで
      • mkswap, swaponはもちろん、自動マウントも忘れずに
    2. yumモジュールでパッケージインストール
      • epelリポジトリ指定
      • rpmパッケージ指定 (これも冪等性ちゃんと担保するように注意)
    3. デプロイ
      • gitモジュールでデプロイ
      • Nginxの設定ファイルをtemplateモジュールで生成
      • デプロイないしは設定ファイルに変更があったらnotify使ってでNginxを再起動する

※ "冪等性ちゃんと担保する": 要するに、dry-run モード ansible-playbook --check で実行してchangedにならないようにする。

Playbookの基礎を抑えている内容となっていると思うので、大体の勘所がつかめ、すぐに業務自動化に励めると思います。 Ansibleが素晴らしいのは、エージェントレスでアーキテクチャも記法もシンプルなので、季節の環境を汚すことなくスモールスタートでねじ込める点です。 さくっと運用便利ツールや監視エージェントをばらまく、脆弱性対応するくらいのカジュアルな使い方から運転できるのは大きいですね。 私は去年まで1年ちょっとChefに使っていましたが、Ansibleのこのシンプルさはとても好きです。

SlideShare

ハンズオンの回答例

uorat/ansible-handson · GitHub

感想

当日は台風の影響もあり、申し込み数ほどに参加者は集まらなかったのですが、参加頂いた方は皆熱心に臨んでくださったので救われましたw "収穫が多かった、タメになった" という感想を幾つか頂きました。 小さいイベントですが、せっかく来て頂いた方には何かを持ち帰ってアクションに繋げられるようにしたいと思ったことと、この資料も今回に閉じず社内勉強会などで使いまわしたいという思いがあり、それなりに考えてコンテンツ作ったので、こういう声は純粋に嬉しいですし、今後の励みになります。 ご協力頂いた皆さま、ありがとうございました。

なお、ハンズオンのgit module使ってデプロイするというお題の中で、 @yteraoka さんの ansible-tutorial - Github を参照させていただきました。

以下のgithub.ioですね。ServerspecでCI回すところまで含まれていて素晴らしいTutorialです。 是非こちらも参考になさって下さい。

Ansible チュートリアル | Ansible Tutorial in Japanese

あと、この本もおすすめです。

入門Ansible

入門Ansible

naoyaさんのChef入門と同じくらいのボリューム感ですね。

入門Chef Solo - Infrastructure as Code

入門Chef Solo - Infrastructure as Code